そのほうが結果的には、余分な修繕費用がかからずに済みます。

外壁工事は、可能な限り多数の塗装屋に見積りを依頼し、相場を確認しておくなど計画的に行うことが大切です。

失敗する場合の最も多いパターンは、相見積もりを取らずに、外壁工事をしてしまうことです。

ある程度の相場を知らない状態で、知らない間に損をしているケースが多いです。

外壁塗装には、デメリットは存在しません。

無理に挙げるならば、外壁塗装自体に永久的な効果はなく、効果が短い塗料で数年、長くても15年強程度の期間で塗り替えが、必要になるということがデメリットでしょうか…とはいえ外壁を保護するために、塗装が最も現実的には有効な方法であるため、建築物を維持するために、必要なものです。

家の外壁で多い失敗は、メンテナンスの時期を間違えたことで生じる、使われている塗料の性能を超えて、壁の塗替えをしなかったことが原因で、外壁そのものでは済まず、内側の壁本体にまで劣化を及ぼす現象です。

この状態にしてしまうと、外壁塗装以前の問題で、内部の壁自体の補修工事が必要となる場合がほとんどです。

外壁工事をする意味は建物の美観を保つことはもちろん、外壁自体を護る大事な役目もあります。

家の壁を護り、耐久性&防水性を高める。

塗料の機能によって断熱効果、遮熱効果やセルフクリーニング効果まである塗料も存在します。

もちろん外壁塗装は、外壁の耐久力をあげます。

一般的に使われる塗料は主に、耐久性の低いもの~耐久性の高いものという順に並んでいます。

アクリル~ウレタン~シリコン~フッ素の順に耐久性が増します。

フッ素系塗料は耐久性に優れ、直射日光や風雨にさらされてダメージを受けやすい、屋根材の塗装に用いられるケースが増えています。

外壁塗装に最も人気のある塗料は、耐久性と価格のバランスが良いコストパフォーマンスが人気のシリコン系塗料です。

外壁に使われている素材には、水分に弱いものがあります。

ここまでいくと補修に必要な金額はかなりの高額になるため、外壁にクラックやチョーキングなどの異常が見られた場合は早く外壁専門の塗装屋さんにみてもらったり、見積りを取っておくと良いでしょう。

外壁塗装は、塗膜の寿命は塗料によってかなりの差があります。

そのような事情から10年に1度程度は専門業者に状態を見てもらうことをおすすめします。

この定期的な点検をすることで、大事な資産である家の寿命を延ばすことが出来るようになります。

塗装により防水性を上昇させ、しかし現在、投資対象としての意義が大きくなっている。

雨水の侵入を防ぎます。

結露を防ぐには、水分は遮断して湿気だけ通すという透湿性も大事になります。

断熱効果というものは、冬に暖かく夏に制帽効果を高める働きのことです。

遮熱効果の高いものと同時に使うことで効果を高めることができます。

外壁塗装の下準備の段階で、クラック(ひび割れ)や前の塗装の剥がれなどを程度に合わせ、塗装する前に下準備を実施します。

あまりにも劣化が進んでしまってから、塗替えを施工する場合、外壁自体にも傷みが生じている場合があり、塗装の下処理では済まないので別途に費用がかさむこともあります。

外壁そのものにダメージが届く前に、やや早いと思う時期に塗り替えを検討しておくべきと言えるでしょう。